1.自己破産について

皆さんは自己破産について聞いたことがあるかと思います。90年代に入ってバブル崩壊後の日本において、この自己破産という言葉が特によく聞かれるようになったのではないかと思います。ところでどうして自己破産といった状況が生じるのでしょうか。自己破産が生じる理由としてよく知られているのがクレジットカードです。クレジットカードを使って買い物をしすぎたり、或いは浪費をしたりした結果、その代金が膨らんでしまい、挙句の果てにはその代金が返済できないくらいにまでになってしまい、そこで自己破産を申請する、といった話をよく耳にします。このように借金が多額に膨らんでしまった場合の措置、借金整理方法は自己破産の他に、債務整理、任意整理、民事再生等があります。もし不幸にも皆さんがこのように多額の借金の返済に苦しむ状況となり、所謂「首が回らない」状況に陥った場合、深く悩んだりするのではなく、自己破産や任意整理等の借金整理の手段を是非考えてほしいと思います。 自己破産という言葉を皆さんも恐らく聞いたことがあるでしょうが、聞いた感じ正直なところいい響きはしないでしょう。自己破産と聞くと、どうしても暗いイメージが付きまといます。何らかの事情はあるにせよ、自分でお金の遣り繰りができなくなって経済的に失敗した人というイメージで捉えられかねません。ということで、もし皆さんが本当に多額の債務に苦しみ、自己破産手続きの申請をすることについて考えなければならなくなったとき、他人の目もありますし、何より皆さん自身がかなりの葛藤に苛まされるのではないでしょうか。自己破産とは、文字通り自分自身が経済的に破産、破綻してしまい、そうした事実を裁判所に申請して行う措置です。自己破産の制度は、もっとわかりやすく言えば自己破産した事実を裁判所へ申し立てることによって、裁判所の力を借りる形で借金を帳消しにするという手続きであり、制度です。ところでこの自己破産の制度及び主旨についてはよく誤解されますが、それは決して自己破産を申し立てた人を責めたり、その責任を問い詰めたりすることではありません。勿論自己破産を申し立てて借金を帳消しにしてもらう代わりに何らかの処罰が下されたり、制裁を受けたりするといったこともありません。また過度に後ろめたさを感じることもありません。自己破産制度の趣旨は、寧ろ借金に苦しむ人の借金を帳消しにし、それによって借金地獄から解放し、もう一度チャンスを与える制度だと言ってもよいのです。自己破産制度についての詳細な内容はまた引き続いて紹介しますが、もし返済しきれないほどの多額の借金の返済に困っている人がいたら、自己破産を裁判所に申請することについて、是非とも真剣に考えて欲しいものです。さもなくばあまりに多額の借金を前になす術もなく途方にくれることになってしまいますし、仮に少しでも返済ができたとしても、それが借金の利息を返済するだけであれば借金の元本はいつまで経っても減らず、半ば半永久的に借金地獄から抜け出せません。先にも書いたように自己破産は借金で苦しむ人を責めるのでなく、寧ろそういった人達を救う制度だと考えてもいいのです。ですので、もし皆さんがもし現実に多額の借金の返済に悩んでいるのなら、是非この自己破産について真剣に考えて欲しいと思います。そうすることで現在の借金とおさらばして新しい生活を始めることができる可能性が出てくるのです。

おすすめWEBサイト 5選
バリ絵画を飾ろう
http://www.rakuten.co.jp/bulandibali/
ボディコンドレスやSM衣装の通販
http://www.loft-planet.com/
足に優しいオーダーの靴
http://www.belle-co.jp/item_list/02402/
神奈川の遺品整理ならエムシー・ラクーン
http://www.fuyouhin-kaisyuu.com/
クレジットカード現金化
http://www.shinwa-ticket.ne.jp/